So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

飲酒と寿命 [日記]

ライフログ計(?)を付け、測定してから3年ほど経つ。

これまで、風邪をひくなどの体調不良による安静時心拍上昇があることを書いてきた。この体調不良による安静時心拍上昇は、他の人でも報告されており、これをみると、一般的なことであるように思われる。

さて、表題の飲酒であるが、通常(?)、毎晩ビール(第三のビール)を350ml飲んでも、心拍に全く影響することはない。

ただし、お酒を飲む機会、正月のような状況では、気分が良くなる程度あるいはそれ以上の飲酒をしてしまう。そのような場合、安静時心拍は通常よりも10~15ほど高くなってしまう。

以前、試してガッテンで放送されていたが、寿命に関係するのは、「安静時心拍」の値であるとのこと。これが高い人ほど寿命が短い傾向があるとか?人(生物)が一生に打つことが出来る心拍数に制限があるためらしい。

そんなわけで、ちまたに言われているように、適度な飲酒は寿命と関係する心配はないが、適量を過ぎた、よった状態ではなくても、よい気分程度でも、飲酒は寿命を短くするのではないかと。

まあ、生物には個体差があるので、個人個人について問題となるわけではないだろうが、統計的には、適量を過ぎた飲酒は寿命を縮めることになりそう。

飲酒には注意をしよう!!!


nice!(0)  コメント(0) 

免許証の更新 [日記]

免許証の更新時期を迎えたので、更新をすませた。今回は、すでに高齢者講習をすませて(すまないと更新できない)更新に臨んだ。

警察署での更新であったが、高齢者の更新をする人が少ないことに驚いた。更新する人はそれなりにいたのだが、高齢者は私だけであった。人数にして、高齢者率は5%くらいである。

そのせいか、視力検査と写真撮影が終わると、近くのベンチで待っていて下さいとのこと。待つこと5分ほど、係の人が、私のところまで、免許証を持ってきてくれた。講習はすでにしているので、免許証を受け取ると、これでお終いとなった。

時間にして、警察に行ってから15分ほどで、すべてが完了した。ちょっと拍子抜けであった。

次回の更新には、認知症検査が入ることになるので、高齢者講習が大変である。まあ、そのうち、更新しない人が増えて、認知症検査も受ける人が減るかも知れない。

この様に、高齢者が運転免許証を返納、失効させてしまうと、自動車の売れ行きが鈍るのではないかと心配してしまう。若者の人口は減少し、高齢者は返納となると、日本全体としての車の数の絶対数が大きく減るのであろう。環境問題にはよいことかも知れない。


nice!(0)  コメント(0) 

横浜七福神 [お遍路]

ここのところ毎年恒例となっている横浜七福神へお参りをした。

巡拝の順序は、高田の興禅寺から日吉の金蔵寺のコースで、今回は新羽の西方寺を最後とした。

途中の電車移動を省いて、徒歩移動にしたところ、むしろ早く巡拝することが出来た。

それと、例年に比べて、参拝者が少なく、どのこ札所でもすぐに御朱印をいただくことが出来た。



WIMG_1225.jpg


WIMG_1226.jpg


WIMG_1227.jpg


WIMG_1228.jpg


追記
4日に上記の七福神巡りで初詣をしたので、翌日、5日には、鶴見川CRへの初ライドをした。平均温度は10℃を切っており、それなりに寒かった。しかし、しばらく走ると暖まり、快適とは言えないが、走行をすませることが出来た。平均は20.9kphと通常のレベルであった。
鶴見川の土手より、真っ白く雪をまとった富士山がくっきりと見えた。正月のおかげで、空気が澄んでいたのであろう。それと、冬は湿度が低いこともある。それは、太平洋岸では寒いと言うことを意味するのであるが。
何はともあれ、無事に初ライドを終えることが出来た。



nice!(0)  コメント(0) 

大晦日 [日記]

今年も一年が終わろうとしている。これを書いている時点で、西の窓には夕日が山の彼方に沈んで行くのが見えている。富士山もくっきりと見えている。

今日は、午前中に用事を済ませるために、新横浜まで出かけた。その時点では、快晴、無風の良いお天気であった。

それならばと言うことで、昼食後に、自転車を引っ張り出し、乗り納めに鶴見川CRへ出かけた。ところが、出かけた直後から、風が強まり、鶴見川の土手の上では、まっすぐに走っているつもりでも、横に飛ばされるほどの強風となってしまった。

出かけた手前、途中で引き返すよりは、最小コースで回りきった方がよいと言うことで、回ってきた。登り坂で、向かい風は、大変であった。今回の強風は、吉野川、肱川での強風とは比較にならないほどに感じた。

しかし、何とかいつもの時間内に走り終え、無事に自宅に戻った。強風と向かい風、追い風の場合もある、の条件下で、平均20kphが出ているので、この一年間で、効果が上がったと考えている。それでいて、エフォートはそれほどでもない。ペダリングが少し上手くなってきたのかも知れない???

今年の走行距離は2784kmであった。長距離をこぐ人ならば、この程度の距離は大したことないのであろうが、自分にとっては、それなりに走ったという感じである。始めた時の目標は1000km/年程度を考えていたので、これで十分である。

今年も、これでブログもお終い。見に来てくれた方々に感謝します。また、来年もよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

四国最東端 蒲生田岬 [四国散歩]

四国最東端の蒲生田岬へサイクリングした。
出発地点が牟岐線の阿波中島駅から。
途中、椿交差点の川口食堂で昼食。普段は昼間営業していないところを、頼んで営業していただいた。美味しいお作りの昼食で、全員満足。
その後、蒲生田岬へ。以前通ったと思われる旧道は木々が生い茂り通行不能となっていた。少し行ってみたが、ダメなので、すぐに引き返し、他の人に追いつく。
海岸沿いのアップダウンのある道で、他の人はそれなりに苦労していた。自動車ならばなんと言うことはないのであるが。
それでも、宿に到着し、荷物を預けて、岬の灯台へ出かけた。


Wかもだ岬03.jpg


Wかもだ岬01.jpg

Wかもだ岬02.jpg

Wかもだ岬04.jpg

Wかもだ岬05.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

大窪寺の紅葉 [紅葉]

八十八番札所の大窪寺は紅葉の名所として知られている。丁度見頃とのことで、出かけた。

紅葉は真っ盛りであった、しかし、日曜日でもあり、人でも多かった。いつもは広い駐車場に車が数台なのに、ほぼ満車に近い状態。撮影して帰ってきたら、もっと増えていたのにはびっくりした。それでも、京都の紅葉の比ではない。香川の紅葉は、ゆっくりと眺めることが出来、楽しむことが出来る。

お天気のせいか、それとも時間が早かったためか、写真愛好家は少なかった。写真愛好家はウイークデーに来るのであろう。

WP1020488.jpg
写ってしまったが、モデルさん?

WP1020492.jpg

WP1020457.jpg


WP1020464.jpg

WP1020469.jpg

WP1020471.jpg

WP1020483.jpg

WP1020479.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

白峰寺 [紅葉]

青海神社より階段を登り、白峰寺へゆく。階段を登る人はいなかったが、白峰寺は紅葉が真っ盛りと言うこともあり、写真愛好家を含め多くの観光客が来ていた。と言うことは、お遍路さんはあまりいなかったと言うことでもある。

階段登りはトレーニングとしても、70床分の登りであった。それなりの登りである。

紅葉はきれいであったが、お天気が曇天のために、紅葉の輝きが見られなかった。

WP1020448.jpg


WP1020450.jpg


WP1020452.jpg

WP1020454.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

四国最北端 [四国散歩]

四国最北端は、高松市にある。庵治半島の先端、とは言っても周回道路から一寸下がったところに位置する。先端に鳥居が建てられている。竹居観音という真言宗のお寺さんである。本堂?が先端の洞窟の中にある。津波が来たら飲み込まれそうである。

W191121-TAKEI01.jpg
最北端の表示。以前はなかったような気がするが。

W191121-TAKEI02.jpg
この鳥居が最北端らしい。

W191121-TAKEI03.jpg
この奥に洞窟があり、ご本尊?が祭られている?西洋で言えば、「グロット」とでも言うのであろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

菊人形 [日記]

久しぶりに、湯島天神へ行く。
湯島の駅を降りて地上に出るも、先日の同期会での状況と同様、地上のどこに出て、この交差点がどこに当たるのかを見極めるのに苦労した。
幸い、地図看板があり、湯島天神の表参道より入ることができた。さもないと、裏口からはいるところであった。学問の神様だから、裏口からはいるのは気が引ける!!

天神様の境内は、屋台が出ていたり、にぎわっていた。何があるのかと思ったら、菊人形と菊の展示が行われていた。

良いお天気と、日程的に七五三の参拝客も多く、境内は人出いっぱいであった。なにやら平和な雰囲気である。平和な雰囲気が続くことを祈願し、参拝をした。

W1911_YUSHIMA_0004.JPG

ありがたい菅原道真公であろう。

nice!(0)  コメント(0) 

秋色 [紅葉]

せせらぎ公園にて見つけた「秋色」。
急に冷え込んだので、もう少しきれいかと考えたが・・・・

WIMG_8133.JPG

WIMG_8136.JPG

WIMG_8145.JPG

WIMG_8148.JPG

WIMG_8151.JPG

WIMG_8155.JPG

WIMG_8158.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -